05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年のプロ野球ドラフト会議の結果(北海道日本ハムファイターズ編)

2011年度ドラフト結果報告の2番手はパ・リーグ2位の北海道日本ハムファイターズ。

2011年は1チーム1記事の読みやすさ重視のコンパクトな記事とさせていただいています。

各種データ等は当方が調べた結果なので正確ではない可能性もあり、さらに打ち間違え等の可能性もあるのでその点ご了承ください。


下記ページより他球団の結果ページへ移動できます。

関連記事:日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


シーズン2位となったものの首位ソフトバンクとは大差の2位。

この差を少しでも埋めるためにもより良い補強をしたい北海道日本ハムファイターズ。

1位は2011年度のBIG3の一角であり、今年度最注目投手の一人であった菅野智之(東海大/投手・22歳・右投/右打・185cm/86kg)

巨人監督の原辰徳の甥であり、巨人の単独指名があるのではと目されていた最速157キロの今年のアマチュア最速右腕。

巨人との2球団競合の末、抽選で交渉権を獲得。

2011年度のドラフトを語る上で欠かせなくなってしまった仰天指名として語り継がれそう。

首都大学野球リーグ史上7人目の通算30勝&300奪三振を達成。

常時140キロ台後半をマークするストレートは大学どころか、プロでも既にトップクラスのストレートです。

昨年度沢村・大石のストレートを絶賛しましたが、そのあたりと比べても遜色ないどころか上回っているといっても良いレベル。

変化球は140キロ台のカットボール、カーブ、フォーク、スライダーと多彩。

特にカットボールは素晴らしく、こちらはプロでもすぐに通用しそう。

ストレート・変化球共にコントロールが良く、勝負所を見逃さずにギアチェンジできるのでゲームメイク能力も高いです。

奪三振ばかりに目がいきがちですが、コーナーに投げ分け打たせて取る投球もできるなど完成度が高く、スタミナも十分あるので1年目から先発完投型としての活躍が見込めそう。

日本ハムファイターズはやや得点力に欠けるので、援護はあまり期待できない可能性がありますが、それでも二桁勝利以上&新人王の最有力と言えそう。

ただ、このまますんなり入団とはいかなさそうなので、皮算用をするのは早計かも。


2位は松本剛(帝京高/内野手・18歳・右投/右打・180cm/80kg)

走好守どれをとっても高校生の中ではトップレベルの遊撃手。

遠投105m、50m6秒1。

帝京高では1年春からベンチ入りし、1年夏に遊撃手レギュラーに抜擢。

1年夏、2年春、3年夏と計3回甲子園に出場し、最後の夏は主将・4番としてチームを引っ張る。

1・2年の頃はパワーが物足りない印象でしたが、順調に鍛えた成果が出たのか高校通算33本塁打とパワーも増してきました。

それでも、長距離砲というよりは中距離ヒッタータイプですね。

伸びしろがまだまだありそうなので、ファームなどで鍛えれば将来的にレギュラー・上位打線で打つことも出来そう。


ドラフト3位は石川慎吾(東大阪大柏原高/外野手・18歳・右投/右打・180cm/73kg)

高校通算55本塁打のスラッガー。

技術的にはまだまだ荒い面もあるが、スイングスピード・リストの強さ・俊足(50m6秒1)強肩(同チームでは捕手も守っていました)など身体能力は素晴らしいモノを持っている逸材。

外野手としての経験はまだ浅く、守備面でも鍛える余地がありそう。


ドラフト4位は近藤 健介(横浜高校/捕手・18歳・右投/左打・172cm/83kg)

1年夏から遊撃手でレギュラーとなり、秋には強肩を買われて捕手へコンバート。

2年夏は一二三慎太(現阪神タイガース)を擁した東海大相模との決勝で敗れるも3番捕手として活躍。

その後も高校野球屈指の名門校で中心打者として活躍し、後にアジアAAA代表としても活躍。

高校通算38本塁打、遠投120m、50m6秒6。

流石横浜高校といえるセンスの良さを感じる選手ですね。

逆方向へ鋭い打球を打つことが出来、広角に打ち分ける技術力は高校生ではトップクラスです。

捕手としては身体が小さいという点がやや気になるところ。

センス抜群なので、じっくり育てることが出来れば大成する可能性は大いにあります。


ドラフト5位は森内寿春(JR東日本東北/投手・26歳・右投/右打・180cm/80kg)

スリークォーターからMAX146キロのストレートを投げ込む。

2011年の都市対抗1回戦・三菱重工横浜戦を相手に54年ぶり2人目となる完全試合を達成。

ストレートは常時140キロ台を記録し、中々のキレを感じます。

そのストレートを低めに集めつつ、決め球のスライダーなどで討ち取る。

変化球はスライダーの他に、シュート・フォーク・チャンジアップとバランスよく揃っており、シュートやチェンジアップが効果的で、右打者もそれほど苦にしない好投手。

今や押しも押されぬ投手の一人となったソフトバンクの摂津投手の後輩です。

年齢的に考えてもラストチャンスをつかみとったという印象。

このチャンスを生かすためにも、1年目から中継ぎなどで貢献し、結果を出したいところ。


ドラフト6位は上沢直之(専大松戸高/投手・17歳・右投/右打・187cm/85kg)

MAX145キロを誇る長身右腕。

千葉大会で優勝候補の一つに挙げられたが、準優勝した東京学館浦安高に4回戦で敗退。

最後の夏も予選敗退に終わりましたが、2回戦・対千葉明徳では引き分け再試合の末に勝利。

184球の熱投は記憶に残るピッチングでした。

187cmの長身から振り下ろす角度あるストレートは素晴らしく、前述にある通りスタミナも十分あり、終盤にきても球威・球速があまり落ちないどころか、尻上がりに良くなるタイプです。

制球力も高く、変化球もスライダー・フォーク・カーブとどれもストライクを狙える球です。

勝負所でのストレートのキレは高校生ではトップクラス。

育成が上手くいけば、ローテーションの一角を占める投手になる可能性は秘めています。


ドラフト7位は大嶋匠(早稲田大ソフトボール部/捕手・21歳・右投/左打・180cm/97kg)

ある意味1位の菅野以上のサプライズとも言える異色の選手。

早稲田大ソフトボール部で大学通算80本前後を記録した左の強打者。

大学リーグの公式戦では13試合連続本塁打を記録したようです。

U-19代表の4番としての国際大会にも出場し、世界男子ジュニアで3位となる。

正直全く未チェックの選手ですが、パワフルな打撃をしそうな身体つきではあります。

硬式野球の経験はないとのことですが、慣れるためにセガサミー野球部での練習に参加していたようです。

ソフトボールはライズボールなどいわゆる「縦」の変化が主体なので、カーブやスライダーなど「横」の変化への対応ができるかが鍵になりそう。


大戦力のソフトバンクに迫りたい2位日本ハムは、サプライズ指名が複数となりました。

最初のサプライズは1位の菅野で2011年度アマ最速右腕の超即戦力投手。

そして、7位でソフトボールの大嶋を指名し、最後の最後で再びサプライズをぶちかましてくれました。

松本、石川、近藤と強豪高校でもまれた将来性あふれる高校生の野手を獲得するなど、先をにらんだ補強もしています。

一番美味しかったのは6位で好素材の上沢を獲れたことだと思います。

上手く化ければかなり良い投手になるはず。

1位の菅野が暗雲立ち込める状況で7位大嶋も未知数ですが、全体的に見れば悪くない補強をしたように思えます。

好素材は揃えましたが、何より重要なのはその選手たちを導く監督の手腕とコーチの指導。

新監督が同チームの命運を握りそうです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。