08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第8回オータムシーズン第6戦

YYスタジアム第8回オータムシーズン第6戦(2011年9月6日)

総合力は4000ほどミアーズが上。


いつも安定感のある投球を見せるベテラン左腕の葦乃が、この日は別人のような不安定な立ち上がり。

2回に相手5番に二塁打を打たれると、相手7番にレフト前にヒットを打たれてあっさりと先制点を献上。

3回も失点こそなかったものの、2安打を打たれてギリギリの投球が続く。

葦乃を援護したい打線は4回表、ここまで抑えられてきた相手先発左腕に対し1アウトから3番由井がセンター前ヒットで出塁。

スピードスターとして力を発揮し、すかさず盗塁を決めて相手を揺さぶると、開幕から今一つ波に乗り切れない主砲時雨がセンター前にはじき返し、二塁から由井を返して同点に追いつく。

追いついてさあこれからというところで、5回に味方エラーから崩れ、相手2番にタイムリーを打たれて1-3と再びリードを許してしまう。

ここ数試合接戦を制してきたミアーズは、リードを奪われても粘りを見せる。

6回表には開幕から好調の5番鷹橋の犠牲フライで2-3と迫ると、7回にはバント失敗など拙攻もありましたが、下位打線が作ったチャンスをこの日好調な上位陣・2番今藤・3番由井が連続タイムリーで4-3と再逆転。

またリードを奪って勝ち逃げれるかと思いきや、まだまだゲームは二転三転。

7回裏に先頭打者に安打を許すと、相手が凡退二つで走者を三塁まで進める。

さらに相手2番が粘りに粘って、最後はライト前に打ち返してこれが同点打。

この激闘の最後の1ページは、8回表に訪れる。

相手先発左腕がミアーズの4番時雨・5番鷹橋に対し連続四球。

ノーアウト一・二塁で6番大樹がワンボールからストレートを一閃。

グングンと伸びていく打球を相手レフトが見送り、打球はレフトスタンドへと吸い込まれていく。

三度リードを奪ったミアーズは、この後梅坐羽のスクイズでさらに駄目押し点を挙げ、8-4とシーソーゲームを制す。


葦乃の今一つの投球もあり、二転三転する展開になりましたが、打線が見事な粘りを見せて逆転勝利。

梅坐羽・鷹橋の若手コンビが揃ってノーヒットに終わりましたが、本日はベテラン陣が奮起。

今藤・由井・時雨と上位3打者が揃って複数安打と活躍。

今シーズン期待している6番大樹も良いところで本塁打を打ってくれました。

主砲時雨にはさらに波に乗ってもらうためにも、一発長打を期待したいところ。


チーム名123456789
ミアーズ0001012408
相手0100201004

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1梅坐羽4010.227
2今藤5211.292
3由井5310.292
4時雨4210.227
5DH鷹橋3012.261
6大樹4131.273
73202.286
8弐式織3002.095
9篭手3200.300
8代打佐刀0000.000
8山代0000.000

名前自責点被安打奪三振通算防御率
葦乃8回2/331052.04
毛利0回1/30100.00

8-4でミアーズ勝利。

通算成績5勝1敗0分(64位)

先発葦乃が2勝目。

本塁打:大樹1号

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。