06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回サマーシーズン第65戦

YYスタジアム第7回サマーシーズン第65戦(2011年8月4日)

総合力は2800ほどミアーズが上。


本日は防御率0点台の期待もかかるエース石田が先発。

締まったゲーム展開が予想されたが、立ち上がり早々にまさかの乱調。

先頭打者にヒットを打たれると、2番に送りバント。

そして3番にタイムリーを打たれて、あっさり先制点を献上。

出塁した走者を捕手濠が二塁で刺し、2アウトとして一息つけるかと思いきや、4・5番と連打を浴びてまたピンチ。

ここは6番をセカンドゴロに仕留めて事なきを得ましたが、いつもの安定感を感じられない波乱の幕開けとなりました。

追いかける展開となったミアーズは2回裏、1アウトから7・8・9番と下位の3人が連打で1点を返して追いつくと、1アウト一・三塁で2番佐々塚が豪快に引っ張り、4試合連続弾をライトスタンドに叩き込む。

佐々塚の第11号スリーランで4-1と逆転。

打線の援護をもらった石田は3回から別人になったかのように立ち直り、ストライク先行のテンポ良い投球で相手打線を封じる。

圧巻だったのは5回表、先頭打者をエラーで出し、さらにヒットも打たれてノーアウト一・三塁のピンチを背負いながら、続く1・2・3番と上位三打者を連続三振できってとり、大ピンチを無失点で切り抜ける。

4-1と3点リードのまま、ミアーズは8回に石田から島津にスイッチ。

守護神島津がまたしても登板早々に打ち込まれ、ツーランで2点を失うが、なんとか立て直して4-3と1点差で逃げきる。


石田は立ち上がりは非常に悪かったですが、尻上がりに調子を上げ7回1失点で15勝目。

1回だけを見たら序盤KOもありえるかと思いましたが、ゲームをひっくり返してから一気に立ち直りました。

打たれたヒットは計5安打でしたが、2回以降は1安打と数字に如実に表れていますね。

絶好調の佐々塚はこれで4試合連続本塁打。

今日も良いところで一発を打ってくれました。

一発を期待している打者ではないですが、中軸が全く打てていない試合で打ってくれたのは非常に大きいです。

島津はギリギリの綱渡りしている印象ですね。

厳しいところだと思いますが、どんな形でも良いのでなんとかしのいでいって欲しいところ。

気になったのはエラーを3つ記録したこと。

クロスゲームでエラー3つしてしまうのは厳しいです。

石田がその都度踏ん張ってくれていましたが、同投手でなければしのげなかったかも。

エースの力投に救われた薄氷の勝利だったと思います。

防御率0点台はほぼ不可能になりましたが、その力投に拍手を送りたいです。


チーム名123456789
相手1000000203
ミアーズ04000000×4

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井40011.332
2佐々塚42311.245
3篭手4005.237
4時雨40018.320
5DH田之植30012.265
6大樹3104.276
7弐式織3109.241
83105.203
9今藤3217.247

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田7回1571.25
島津2回2323.30

4-3でミアーズ勝利。

通算成績44勝15敗6分(148位)

先発石田は15勝目(1敗)。

抑えの島津は25セーブ目(1勝4敗)。

本塁打:佐々塚11号/相手3番に本塁打1本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。