10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回サマーシーズン第43戦

YYスタジアム第7回サマーシーズン第43戦(2011年7月13日)

総合力は3600ほどミアーズが上。


前日の守護神島津の乱調による悪夢の逆転負けを払拭するため、本日マウンドに上がったのは不惑の大エース石田。

石田はストライク先行の小気味の良い投球で相手打線を封じていく。

相手先発右腕も打たせて取る投球で決定打を許さず。

がっぷり四つの投げ合いは終盤まで続き、0-0のまま土壇場9回の攻防へ。

9回表、先頭の1番由井が安打で出塁すると、2番佐々塚が送りバントをきっちり決める。

3番今藤はフルカウントまで粘りながら、最後はスライダーを見逃して三振。

4番時雨との勝負は避けたのか、ストレートの四球で歩かされる。

敬遠で時雨が歩かされる中、打席に向かうのは5番田之植。

その勝負強さをこのラストチャンスでも如何なく発揮。

ツーワンと追い込まれてから投じられたシンカーをレフト前にポトリと落とす。

二塁走者が返り、ついに試合の均衡が破られる。

1-0と勝ち越したミアーズは9回裏に抑えの島津を投入。

これで逃げきれるかと思われたが、またしても島津に不運が襲いかかる。

ヒットで出塁した走者に盗塁を決められ二塁に走者を背負うが、渾身のストレートが冴え2アウトまでこじつけていた。

そして相手3番が外野へ打ち上げる。

ゲームセットかと思われた次の瞬間、ライト月島がまさかの落球。

これがタイムリーエラーとなり、1-1の同点とされてしまう。

なんとか逆転負けだけは避けたかった島津は、次打者の4番との勝負は避ける。

続く5番にツーツーと追い込んでから投じたのはカーブ。

これを見事に流し打たれ、打球はライト線強襲の一打となり、打球が転々としている間にサヨナラの走者が本塁へ…。


石田は前回登板時も島津の逆転負け翌日で7回無失点と好投し、チームを勝利に導きました。

その再現を期待しましたが、島津の連日の乱調で逆転負け。

エラーもあり不運な面もありますが、踏ん張りきれないのは力不足ということ。

守護神としてなんとか盛り返して欲しいですが、今は我慢の時ですね。

最終回にエラーしたのは途中交代で出場した月島。

42歳のチーム最年長選手ですが外野ではまだ守備力トップの選手です。

その月島がエラーをしてしまうとは、本当にツイてないです。

歴代守護神もこういった苦境を乗り越えてきたので、島津にもなんとかこの苦境を乗り越えて欲しいところ。


チーム名123456789
ミアーズ0000000011
相手000000002

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井4206.276
2茂形3000.238
3今藤4106.246
4時雨21013.348
5DH田之植41110.273
6弐式織4108.259
7篭手2005.252
8大樹3003.242
93000.155
7代打佐刀1001.278
7月島0000.000
2代打(二)佐々塚0004.225

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田8回04101.12
島津1回0222.27

1-2でミアーズ敗退。

通算成績28勝11敗4分(163位)

2番手島津が3敗目(1勝17セーブ)。

本塁打:記録なし

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。