10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回サマーシーズン第32戦

YYスタジアム第7回サマーシーズン第32戦(2011年7月2日)

総合力は600ほどミアーズが上。


今シーズン抜群の安定感を誇る先発石田は、今日は立ち上がりから苦しい投球が続く。

1回、2回、3回、4回と毎回のように得点圏に走者を背負うが、相手に肝心の決定打を許さず。

無失点のまま踏ん張る不惑のエースに打線が応えたのは4回裏。

拙攻続きでとらえられなかった相手先発右腕に対し、ノーアウトから4番時雨・5番田之植と連打でつないでチャンスメイク。

6番弐式織、7番篭手と凡退(2アウトになるまでに二人の走者が二・三塁へとそれぞれ進む)でまたもチャンスが潰えるかと思われたが、8番大樹が2ストライクと追い込まれてから136キロの真っ直ぐをセンター前にはじき返し、三塁、そして二塁走者も返ってミアーズが2点先制。

先制の援護をもらった石田は、中盤に入っても走者を背負うピッチングが続くが、渾身の粘りと7回はセンター篭手の本塁への好返球による捕殺などもあり、相手に得点を許さないまま9回を一人投げ抜き、完封で9勝目を飾る。


石田は9安打とかなり打ち込まれましたが、適時打は一本も打たれずシャットアウト勝利。

全盛期を彷彿とさせるような見事な粘投でした。

これで負けなしの9勝目。

通算勝利数も299勝となり、通算300勝に王手。

ルーキーから続く二桁勝利の連続記録(23シーズン連続)にも王手。

チームに勢いをつけるためにも一気に記録達成を狙って欲しいですね。

8番大樹は4回の先制打に加え、6回の追加点の時もタイムリーを記録。

なかなか点の奪えない苦しいところで打ってくれたので、チームとして非常に助かりました。


チーム名123456789
相手0000000000
ミアーズ00020114×8

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井5105.289
2佐々塚3003.224
3今藤4124.248
4時雨41011.372
5DH田之植3105.273
6弐式織5337.250
7篭手3003.250
8大樹4232.264
94300.171

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田9回0941.45

8-0でミアーズ勝利。

通算成績21勝7敗4分(91位)

先発石田は9勝目。

本塁打:弐式織7号

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。