11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回サマーシーズン第9戦

YYスタジアム第7回サマーシーズン第9戦(2011年6月9日)

総合力は5100ほどミアーズが上。


両先発が序盤から粘りの投球を披露。

ミアーズが3回に5番田之植のタイムリーで先制するが、序盤の得点はその1点のみ。

中盤に入っても両チーム共に毎回のように好機は作るが、両先発が決定打を許さず。

ミアーズ先発のベテラン葦乃は7回無失点と最少リードを保ったまま、守護神島津へバトンを渡す。

しかし、この継投が裏目に出てしまう。

8回裏の先頭打者である相手8番にヒットを打たれると、続く9番に甘くなったフォークを見事に打ち返され、レフトスタンドへ逆転弾を叩き込まれる。

まさかの守護神の乱調で崖っぷちに追い込まれたミアーズでしたが、今度は逆に相手抑えに対し構成を仕掛ける。

9回のラストアタックは代打佐刀からでしたが、佐刀はあえなく凡退。

続く8番大樹は開幕から好調が続いていますが、安打でつなぐ。

9番篭手が凡打に倒れて2アウト一塁。

あと一人と追い込まれましたが、ここから1・2番コンビが魅せる。

1番佐々塚が1ボールから相手左腕が投じたストレートを三塁線へ流し打ち、二・三塁と一打逆転の好機を演出。

この美味しい場面でチームNO.1のヒットメーカーが奮起しないわけがなく、2番由井は同じくストレートを逆らわずにライト前にはじき返し、三塁、そして二塁走者も返って3-2と再逆転。

さらにこの後4番時雨に駄目押しスリーランが飛び出し、ミアーズが土壇場で踏ん張り逆転勝利。


両先発がまさしく「力投」という言葉が似合う投手戦を演じてくれました。

抑えの島津が前日に続き2試合連続の失点で勝敗の行方が揺れ動きましたが、最後は開幕から好調の打線が奮起。

相手抑えを攻略して逆転勝利へと導いてくれました。

勝ち投手にはなれなかったものの、葦乃の投球は素晴らしいの一言でした。

逆に島津は前日に続けての失点と不安を残す内容。

葦乃が好投したとはいえ、先発全体で見れば状態はあまり良くないだけに、同投手には守護神としてなんとか頑張って欲しいところ。


チーム名123456789
ミアーズ0010000056
相手0000000202

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1佐々塚3101.194
2由井5122.349
3今藤5101.263
4時雨4136.457
5DH田之植5114.316
64000.139
7弐式織2003.250
8大樹4102.364
9篭手3101.300
7代打佐刀1001.333
7山代0000.000

名前自責点被安打奪三振通算防御率
葦乃7回0542.21
島津2回2312.53

6-2でミアーズ勝利。

通算成績7勝1敗1分(119位)

抑えの島津が今シーズン初勝利(4セーブ)。

本塁打:時雨6号/相手9番(代打)に本塁打1本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。