10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回スプリングシーズン第53戦

YYスタジアム第7回スプリングシーズン第53戦(2011年4月22日)

総合力は3800ほどミアーズが上。


互いに序盤攻めあうものの、決定力を欠き0-0のまま譲らず。

そして迎えた4回裏、ミアーズは1アウトから7番篭手が四球で出塁&盗塁を決める。

得点圏に走者を置いて、8番弐式織が打席に向かう。

1ストライクから投じられたカーブを綺麗にはじき返し、投手の横を抜けていった打球はセンターへ。

弐式織のタイムリーで先制すると、続くは前日猛打賞と当たっている9番大樹。

ここでも調子の良さを見せつけるようにライト線強襲のツーベースで、二・三塁とチャンスを広げる。

この絶好の好機を1番由井が見逃すはずもなく、左中間へ大きな当たりを打つ。

外野をボールが転々と転がる間に一気に三塁まで到達すると、続く2番佐々塚が犠牲フライ。

4点先制で流れをつかんだかと思われたが、チャンスの後にピンチあり。

ここまで粘りの投球を続けてきたミアーズ先発葦乃は、4点援護をもらった直後の5回表、この回はあっさり2アウトを奪う。

しかし、ここから一気に相手打線に牙をむかれる。

9・1・2番と3連打を浴び失点すると、相手の勢いに呑まれたのか3番に四球を与えてしまう。

満塁の走者を背負って4・5番と連打を浴び、4-3と1点差に迫られる。

四球を一つ挟んで5連打されたが、5番のヒットの際ライトの好返球で本塁タッチアウトで4点目はなんとか阻止。

僅差に追い込まれたミアーズ打線は、5回裏は相手のエラーからチャンスをもらい、6番今藤の犠牲フライで加点。

6回裏は2アウトから1・2番コンビが連打で1得点。

7回裏は5・6番の連打で得点と小刻みに得点し、7-3と徐々に点差を広げていく。

打線の小刻みな援護のお陰でベテラン葦乃は調子を取り戻し、終盤は相手打線を寄せつけず。

9回3失点で完投し、7-3でミアーズが逃げきる。


ここ2試合、ビックイニングを作った以降は点を取れないという展開が続いていたので、中盤小刻みに加点したのは良かったです。

この加点がなく1点差のままだったら、葦乃も悠々と投げることは出来なかったはず。

頑張ってくれた打線に感謝したいですね。


チーム名123456789
相手0000300003
ミアーズ00041110×7

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井33213.349
2佐々塚3129.304
35107.306
4時雨30016.324
5DH田之植52010.293
6今藤3126.343
7篭手3206.254
8弐式織4119.206
9大樹3103.199

名前自責点被安打奪三振通算防御率
葦乃9回3861.95

7-3でミアーズ勝利。

通算成績35勝17敗1分(172位)

先発葦乃が8勝目(4敗)。

本塁打:記録なし

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。