10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回スプリングシーズン第46戦

YYスタジアム第7回スプリングシーズン第46戦(2011年4月15日)

総合力は1800ほどミアーズが上。


序盤からミアーズ守備陣が乱れる。

初回、先発シュガーが先頭打者を四球で歩かせると、2・3番と進塁打で走者を三塁まで進める。

相手4番が打球を転がすと、この当たりを三塁弐式織がファンブル。

タイムリーエラーで先制点を許すと、2回はノーアウトから連打を浴び、さらに相手9番が打ち上げた打球をレフト大樹が痛恨の落球。

これがまたもタイムリーエラーとなり2点目を献上すると、相手2番にはタイムリーヒットを打たれてしまう。

その後互いに1点ずつとって1-4と3点ビハインドで迎えた6回裏、ミアーズは4・5・6番とノーアウトから3連打で1点を返す。

続く7番篭手が犠牲フライを花って3-4と1点差に迫り、なお1アウト三塁の好機だったが、8番弐式織、9番大樹と凡退し追いつけず。

ミアーズ打線の粘りつくような攻勢はしかしこの回だけで終わらず、7回裏は2アウト走者なしから3番濠が左中間へツーベースを打ってチャンスメイク。

4番時雨、5番田之植と中軸との勝負を避けたのか連続四球で2アウト満塁。

ここで打席に向かうは今シーズンに入ってブレイクした6番今藤。

この場面でも進化した打撃を見せつけ、2球目の真っ直ぐをセンターへきっちり返す。

二塁走者が本塁で刺されて同点どまりだったが、ミアーズの攻勢は8回裏も続く。

ヒットと四球、さらに送りバントで1アウト二・三塁の好機を作ると、ここで相手守備陣が乱れ連続エラーを記録。

一気に3点が入り7-4と逆転すると、駄目押しとばかりにこの回5番田之植に豪快なアーチが飛び出し10-4と大勢を決する。


終盤の猛攻で見事逆転勝利をおさめ、この勝利で30勝到達。

シュガーは4回までに4失点とKO寸前まで追い込まれましたが、5回以降は要所で踏ん張って9回を完投。

逆転の流れを作る力投だったと思います。

1・2番がノーヒットに終わるなど、序盤は勝てる雰囲気が全くありませんでした。

点差が徐々に離されていく厳しい流れでしたが、クリーンナップを中心に中盤から反撃。

6番今藤は同点打を打つなど3安打3打点と大活躍。

今藤は由井を抜いて再びチーム内で打率トップに立ちました。


チーム名123456789
相手1201000004
ミアーズ00010216×10

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井40012.354
2佐々塚5009.326
35207.302
4時雨32014.328
5DH田之植4238.288
6今藤5335.357
7篭手2016.242
8弐式織4208.223
9大樹3002.182
7代打佐刀0001.227
7月島0000.100

名前自責点被安打奪三振通算防御率
シュガー9回1923.97

10-4でミアーズ勝利。

通算成績30勝15敗1分(169位)

先発シュガーが5勝目(4敗)。

本塁打:田之植8号

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。