08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回スプリングシーズン第43戦

YYスタジアム第7回スプリングシーズン第43戦(2011年4月12日)

総合力は1500ほどミアーズが上。


両先発が序盤から好投。

一歩も譲らぬ投手戦は中盤を終えても続き、6回を終えても0-0。

7回表のミアーズの攻撃、先頭の1番由井が相手エラーで二塁まで進むと、佐々塚が手堅く送りバント。

1アウト三塁と絶好の先制のチャンスだったが、3番濠が凡退に倒れると、4番時雨・5番田之植と勝負を避けられ連続四球。

ここで相手が投手交代を告げると、続く6番今藤があっさり初球を打って内野ゴロでスリーアウト。

好機を逃したミアーズは直後の7回裏、1アウト走者なしで葦乃が相手5番にソロ弾を浴び、ゲームの均衡がついに崩れる。

この失点で気が抜けたのか、2アウトから3連打されて2点目も献上。

8回表、追う立場になったミアーズは相手抑えに攻勢を仕掛ける。

1アウトから8番弐式織がフルスイング一閃でレフトスタンドへアーチを架け1点差とすると、上位打線に戻って2アウト一塁から2番佐々塚、3番濠と連打して2-2の同点に追いつく。

そして迎えた9回表、この回先頭の5番田之植が豪快な一打をレフトスタンドに叩き込み、3-2とミアーズが土壇場で逆転。

9回裏は守護神島津が打者三人できっちり抑え、3-2でミアーズが逆転勝利。


終盤の競り合いに見事勝ち、逆転することが出来ました。

前日エースで大敗というイヤな流れを断ち切るような見事な逆転劇でしたね。

あのまま競り負けていて石田・葦乃の二枚看板で連敗となったら、ズルズル連敗する可能性もあったかも。

打線は15残塁と拙攻が続きましたが、終盤の弐式織・田之植の一発攻勢でゲームをひっくり返しました。


日付では既に昨日になりましたが、4月12日からプロ野球が開幕。

各地で熱戦が繰り広げられたようです。

2011年も各球団の奮闘で数多のドラマを生み出し、盛り上がってくれることを期待したいです。


私は地元球団・横浜ベイスターズを応援しています。

開幕戦は代打・内藤雄太のタイムリーで5-4とサヨナラ勝ち。

ベイスターズの開幕勝利は実に8年ぶりとのこと。

3年連続で90敗以上&最下位と厳しい状況が続いています。

戦力的にも充実とは程遠く、オフには主力の内川がFA流出するなど今年も厳しい状況は変わらず。

開幕勝ったからといって浮かれられる状況ではないですが、これを弾みにして少しでも勢いをつけて欲しいですね。

やっぱりおらが町のチームには頑張って欲しいです。


チーム名123456789
ミアーズ0000000213
相手0000002002

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井40012.349
2佐々塚3208.344
34117.307
4時雨30014.324
5DH田之植4317.273
6今藤5305.352
7篭手4006.247
8弐式織5118.212
9大樹3002.182
7代打佐刀1001.227
7月島0000.100

名前自責点被安打奪三振通算防御率
葦乃8回21141.84
島津1回0010.52

3-2でミアーズ勝利。

通算成績28勝15敗0分(171位)

先発葦乃が7勝目(3敗)。

抑えの島津が10セーブ目。

本塁打:田之植7号/弐式織8号/相手5番に本塁打1本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。