10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回ウィンターシーズン第41戦

YYスタジアム第7回ウィンターシーズン第41戦(2011年1月10日)

総合力は3600ほどミアーズが上。


初回の4番時雨のツーラン、2回には3番篭手の満塁弾など序盤に中軸から一発長打が飛び出し、ミアーズが7点と大量リードを奪う。

先発がエースの石田ということでこのまま勝ちきれるかと思われたが、今シーズンの石田はやはりピリッとしない。

4回に相手5番のツーランが飛び出すと、5回には味方守備が乱れて同じく2失点。

7回には5・6番と連続二塁打を打たれるなどして失点を重ね、気がつけばリードはなくなり、7-7と追いつかれてしまう。

KOされた石田に代わり2番手粟野が8回表を抑えきると、8回裏1アウトから9番大樹が四球で出塁。

続く1番由井がライト線へツーベースを放つと、1アウト二・三塁で2番佐々塚は初球スクイズを敢行。

これがきっちり決まって8-7と再び勝ち越すと、9回表は抑えの島津がきっちり3人で抑えてミアーズが僅差で逃げきる。


序盤の大量リードを奪うも、エース石田がまたしてもKOされて追いつかれるという厳しい展開。

負けても不思議ではない流れでしたが、最後はバント職人の佐々塚がスクイズを決めてくれて勝ち越し。

競り勝てて本当に良かったです。


チーム名123456789
相手0002203007
ミアーズ25000001×8

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井3119.297
2佐々塚4019.305
3篭手5247.306
4時雨4229.281
5DH田之植3001.333
63104.267
7弐式織3001.237
8月島3205.200
9大樹3100.229
8代打大城1001.294
8今藤0003.183

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田6回2/35972.28
粟野1回1/30202.00
島津1回0012.54

8-7でミアーズ勝利。

通算成績27勝12敗2分(162位)

2番手粟野が1勝目。

抑えの島津が14セーブ目(1敗)。

本塁打:篭手7号/時雨9号/相手5番に本塁打1本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。