08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YYスタジアム第7回オータムシーズン第57戦(2010年10月27日)

YYスタジアム第7回オータムシーズン第57戦(2010年10月27日)

総合力は600ほど相手が上。


ミアーズは2回表、1アウト一・二塁の先制の好機で7番大城がショートゴロでダブルプレー。

先制の好機を逃すと、直後の2回裏に今度は相手打線にチャンスが訪れる。

2アウト二塁から8・9・1番と見事な連打でつなぎ、ミアーズ先発石田は2点を奪われてしまう。

これで相手の攻勢はとどまらず、3回には3番の内野安打をきっかけにまたしても短打をつなげて石田を追い込み、2点を奪う。

KO寸前まで追い込まれた石田は、中盤に入るとなんとか復調。

しかし、味方の援護は7回の8番月島のソロ弾のみで終わり、1-4で逃げきられてしまう。


足を絡めて好機を作り、短打を集中して得点を重ねる。

流石に上位に位置しているチームは、そつのない安定した戦いをしますね。

パワーはうちより低かったですが、守備力・走力が大きく上回っていました。

その差が試合の結果に如実に出ましたね。

うちは上位4人が無安打と完璧に抑え込まれ、攻撃が全く機能していませんでした。

石田が中盤以降粘ってくれなかったら、大差で負けていても不思議ではないです。


明日、日付的にはもう既に今日になりますが、プロ野球のドラフト会議が行われます。

どの球団がどういった選手を指名するのか、獲得できるのか、はずしてしまうのか。

出来れば皆さん笑顔で終えて欲しいですが、泣く選手もあれば、悔しがるチームもあり。

様々なドラマが凝縮された時間であり、そして今後のチームの運命を握る大事な瞬間です。

一野球ファンとして今年も「運命の瞬間」を楽しみにしたいです。


チーム名123456789
ミアーズ0000010001
相手02200000×4

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井4007.325
2佐々塚40010.238
3篭手40011.306
4DH3004.295
5アイバー32015.238
6時雨 31014.238
7大城30010.216
8月島3116.178
9今藤3007.234

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田8回41451.23

1-4でミアーズ敗退。

通算成績38勝13敗6分(224位)

先発石田は2敗目(10勝)。

本塁打:月島6号

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。