10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回オータムシーズン第31戦(2010年10月1日)

第7回オータムシーズン第31戦(2010年10月1日)

総合力は2600ほどミアーズが上。


ミアーズは1番由井の先頭打者本塁打で先制するが、直後に先発石田が相手2番にソロ弾を浴び追いつかれる。

さらに序盤の一発攻勢は止まらず、3回裏には1番・2番とホームラン連発で突き放されてしまう。

1-3と追う立場となったミアーズも、直後の4回表、すかさず4番濠の本塁打で反撃。

1点差と迫ると、6回表には7番時雨の犠牲フライで3-3の同点に追いつく。

ミアーズは相手投手陣を攻め、幾度かチャンスメイクするものの、勝ち越し点にはつながらず。

そんな苦しい展開の中、石田は序盤の一発攻勢から立ち直り、中盤以降は要所で踏ん張り相手打線の攻勢を封じる。

勝ちがなくなった9回の裏は、1アウト二塁と一打サヨナラの場面だったが、6番を見逃し三振で2アウト。

最後の打者にライトへヒットを打たれるが、ライト月島の捕殺でゲームセット。


どちらも決め手に欠き、3-3の引き分けでゲームは終了。

石田は3本塁打されましたが、よく粘って試合を作ってくれました。

6番アイバーが4-3で猛打賞。

アイバーは今一つ調子が上がってこない大砲トリオ(アイバー・時雨・大城)の一人。

アイバーはラストシーズンなのでなんとか頑張って欲しいですね。


チーム名123456789
ミアーズ1001010003
相手1020000003

打順守備 名前打数安打打点通算HR通算打率
1由井5214.352
2佐々塚5005.232
3篭手4105.254
4DH3213.295
5月島3001.250
6アイバー4305.189
7時雨 2016.164
8大城4104.195
9今藤3006.262
7代打佐刀1004.348
9代打茂形1000.240
9大樹0000.173

名前自責点被安打奪三振通算防御率
石田9回3981.44

3-3でミアーズ引き分け。

通算成績18勝9敗4分(416位)

本塁打:由井4号/濠3号/相手1番に本塁打1本/相手2番に本塁打2本

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。