08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回サマーシーズン第57戦(2010年7月27日)

第6回サマーシーズン第57戦(2010年7月27日)

総合力は8700ほどミアーズが上。


3回裏に3番篭手のタイムリーでミアーズが1点先制するが、相手打線がすかさず反撃。

4回表、ここまで好投してきた先発石田が打ち込まれて1点献上。

1-1の同点で迎えた6回表、相手4番・5番と連続初球打ちで連続二塁打を記録。

1-2と逆転を許すが、ミアーズもすかさず反撃。

6回裏、ノーアウトから相手エラーでチャンスを得ると、6番大樹・7番大城と連続タイムリーで3-2と再逆転。

このまま逃げ切りを図りたいミアーズだったが、8回表に2番手として登板した抑えの桑谷が相手打線につかまってしまう。

1アウトから相手5番に一塁線を破られるツーベースでチャンスメイクされると、続く6番を見逃し三振に仕留めて2アウトとする。

なんとか踏ん張ってエースに勝利をプレゼントしたかったが、ここで桑谷がしのげず相手7番に痛恨の同点タイムリーを打たれてしまう。

この後互いに決定打が出ず、3-3の同点のまま試合終了。


桑谷は9回も満塁のピンチを背負いましたが、なんとか踏ん張って逆転負けだけは免れました。

ポイントゲッターである4番時雨と5番アイバーが四タコ。

後を打つ6番大樹・7番大城が揃ってマルチヒットを記録しただけに、時雨とアイバーのどちらかに一本出ていれば流れが変わったかも。


チーム名123456789
相手0001010103
ミアーズ0010020003

3-3でミアーズ引き分け。

通算成績40勝12敗5分(125位)

先発石田は7回を投げて7安打2失点。

本塁打:記録なし

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。