08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回ウィンターシーズン第74戦(2010年2月12日)

第6回ウィンターシーズン第74戦(2010年2月12日)

総合力は6500ほどミアーズが上。


チーム名123456789
ミアーズ0020300005
相手2000000002

5-2でミアーズ勝利。

通算成績52勝19敗3分(164位)

先発鷹杉が11勝目(5敗)。

7回を投げて4安打2失点。

抑えの桑谷が19セーブ目(2勝1敗)。

本塁打:大城29号

互いに2点を奪い合って2-2の同点で迎えた中盤5回表、ミアーズ打線がここまで攻めあぐねていた先発左腕をとらえる。

2アウトながらヒットと四球で満塁のチャンスを演出すると、この勝ち越しの好機で9番佐刀・1番椿が連続タイムリー。

ここで得た3点のリードを鷹杉→桑谷のリレーで守り抜き、ミアーズが勝利。

初回にいきなり点を取られるというイヤな展開でゲームが始まりましたが、3回の4番大城の同点弾がそういった流れを断ち切ってくれたと思います。

椿が3安打1打点と猛打賞の活躍。

チーム内の首位打者争いは椿が.343、篭手が.344と僅差となっています。

このままだと最後の最後までもつれる可能性があるかも。

本塁打と打点は大城が椿をそれぞれ3本・3打点差をつけてチーム内トップ。

椿は猛打爆発すればチーム内3冠王になる可能性もありますね。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。