08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回ウィンターシーズン第6戦(2009年12月6日)

第6回ウィンターシーズン第6戦(2009年12月6日)

総合力は2300ほどミアーズが上。


チーム名123456789
ミアーズ0000001348
相手1000000001

8-1でミアーズ勝利。

通算成績6勝0敗0分(1位)

2番手桐矢が今シーズン初勝利。

先発九名が6回1/3を投げて8安打1失点。

抑えの桑谷が2セーブ目。

本塁打:大城1号

先発九名は1回裏、相手3番のタイムリーで先制点を与えてしまうが、その後はバックの好守もあり追加点を許さず。

しかし、追うミアーズは6回まで相手先発の前に1安打とほぼ完璧に抑え込まれる。

7回表、相手先発が突然の乱調。

3四球とエラーでノーヒットで同点に追いつく。

8回表、連続三振で2アウトにされるが代打茂形が四球で出塁。

続く3番篭手がセンターへのヒットで2アウト一・二塁。

4番大城が初球チェンジアップをフルスイング。

大きく弧を描いた打球はセンターバックスクリーンへ。

大城の渾身の一振りでミアーズが4-1と勝ち越すと、9回にも4点を追加して突き放す。

ミアーズは九名→桐矢→桑谷の継投で逃げ切る。


開幕から今一つの調子だった4番大城がここ一番の長打でシーズン初本塁打を記録。

この一発で調子に乗ってくれることを期待したいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。