10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年のドラフトで雑談

昨日(2009年10月29日)、日本プロ野球の新人選択会議(ドラフト会議)が実施されました。

注目の高校生左腕菊池雄星投手は6球団の抽選の末、西武が交渉権を獲得。

日米に渡って繰り広げられた高校生NO1投手の争奪戦もようやく終結。

同じく西武に入団した松坂投手のように日本を代表するような投手になってくれると良いですね。

菊池投手に注目が集まっていましたが、個人的には広島が一番美味しいドラフトだったと思います。

今村猛と堂林翔太の春夏の甲子園優勝投手を1位と2位で獲得できたようです。

今村投手は150キロ近いストレートに加え、切れ味鋭い変化球を操るエース候補となりえる逸材。

堂林選手はエースとして夏の甲子園を制しましたが、プロでは野手として挑戦するようです。

甲子園で23打数12安打12打点と打撃面でのセンスも高いので将来が楽しみな逸材。

広島は3位の武内久士投手も最速154キロの右腕。


セリーグ3連覇を果たした巨人は春先から公言していた長野久義選手を1位指名。

3度目のドラフトで意中の巨人に入団決定。

層が厚いと言われる巨人の外野陣に食い込めるかどうか注目したいところ。

巨人は2位で高専史上初の指名選手となる鬼屋敷正人選手を獲得。

捕手の阿部選手の後継者として将来の台頭に期待されているようです。

外国人投手が先発投手陣を多数占める巨人では先発型投手の補強が急務と言われていますが、土本恭平投手と小野淳平投手はともに中継ぎタイプのようです。

育成枠で獲得した選手が活躍している巨人ですが、今回は5人獲得。

この中から山口投手や松本選手のように一軍で活躍できる選手が出てくれば、さらに強固なチームになりそうです。


クライマックスシリーズで巨人に敗退した中日は菊池投手を外しましたが、岡田俊哉投手と小川龍也投手の高校生左腕を1位&2位で獲得。

中日で個人的に注目した選手は3位で指名された亜細亜大学の中田亮二選手。

史上14人目のリーグ戦通算100安打を達成した巧打者でベストナインに選ばれたり、大学日本代表としても活躍。

115キロの巨漢ながら50メートルを6秒4とスピード面も持ち合わせる。

中日は捕手3人補強と谷繁選手の後継者育成を考えているようです。


今季は3年ぶりにAクラス入りを果たし、クライマックスシリーズ進出を果たすなどチームに勢いがあるヤクルト。

菊池投手を外しましたが、1位で社会人NO1左腕の呼び声高い中澤雅人投手を獲得。

2位も同じく社会人の右の速球派・山本哲哉投手を指名。

ヤクルトは石川・館山の両輪が安定しているので、この二人に続くローテーション投手が確立できるかどうかが上位進出の肝だと思います。

中澤・山本の新人組が由規・村中などと争うことになれば、先発陣はさらに充実しそうです。

野手では俊足巧打の荒木貴裕選手を3位で指名。

今年の日米大学野球の主将を務めた選手。


5年ぶりにBクラスに転落した阪神。

菊池投手を逃しましたが、150キロのストレートを投げる法大の右腕・二神一人投手、それから立命大の左腕・藤原正典投手と東西で評価の高かった大学生投手を1位と2位で交渉権獲得。

補強のポイントだった先発タイプの投手は獲得できたようですね。

4位の秋山拓巳投手はMAX150キロの高校生の豪腕投手。

成長著しい速球派で将来藤川投手のような守護神になりえる逸材。

4位でこの投手が獲得できたのは幸運といえると思います。

先日入団が発表された城島捕手がこのルーキーたちをどのように導いていくのか楽しみなところ。

金本、赤星らベテランが多い外野手は育成枠も含めて計3人獲得。

俊足巧打の外野手・藤川俊介選手を5位で獲得できたのは大きいですね。


2年連続でダントツの最下位に沈んだ横浜ベイスターズ。

1位指名は人気の菊池投手ではなく、地元・横浜高の筒香嘉智選手でした。

高校通算本塁打を69本まで伸ばし、2008年の巨人ドラフト1位大田泰示選手の神奈川県記録を更新したスラッガー。

投手補強が第一と言われる中、地元の高校生野手を1位で指名した点は面白いです。

育成枠も含めて2位以下6名は全て投手を指名。

2位の加賀繁投手は右横手投げの制球力のある即戦力投手。

5位の福田岳洋投手は京大大学院を休学して四国九州Lに入った選手。

異色の高学歴投手として活躍が期待される。

残り4投手は高校生。

数年後を見据えた指名だったと思います。

補強最重要ポイントだった投手を6名も指名できたのは評価できますが、出来れば捕手も獲得して欲しかったです。


2年ぶりにリーグ優勝した北海道日本ハム。

菊池投手をはずし、1位は埼玉のダルビッシュと称される中村勝投手でした。

甲子園出場経験はないですが、埼玉大会2回戦(小松原)で9者連続奪三振を奪うなど右の本格派として注目を浴びる逸材。

中村投手以外に計3投手を指名。

2位には制球力に定評がある大塚豊投手。

5位に「沖縄のダルビッシュ」運天 ジョン・クレイトン投手。

6位に187センチ67キロと細身の増井浩俊投手。

常時140キロ台を記録する角度のあるストレートとキレのあるスライダーが武器の社会人右腕。

即戦力候補と将来性を感じさせる投手。

バランスの良さを感じさせる投手補強ですね。

3位で大学球界屈指の巧打者と言われる加藤政義選手を指名。

遊撃手の金子選手が来季で35歳を迎えることを考えると、後釜として良い選手を指名したと思います。


今年CS初出場してパ・リーグに旋風を巻き起こした東北楽天ゴールデンイーグルス。

注目の菊池投手を狙ってはずし、1位は戸村健次投手となりました。

戸村投手に続き、4位で高堀和也投手、5位で土屋朋弘投手と3人の右腕を指名。

3投手ともアマでの実績はそれほど高くはないですが、岩隈、田中、永井に続く先発ローテーションとして成長を期待したいところ。

3位で強肩の高校生捕手・小関翔太選手を指名。

捕手は補強ポイントの一つだったので、将来性を考えても良い選手を獲得できたのではないでしょうか。

将来を考えて出来れば中軸を任せられる長打を打てる選手が欲しかったと思います。


前年の最下位から一転、Aクラスに返り咲いたソフトバンクホークス。

覇権奪回を狙うべく1位指名をしたのは明豊高の今宮健太選手。

投げては最速154キロで打っては171センチと小柄ながらもパンチ力に優れ高校通算62本塁打を放つ。

抜群の身体能力と野球センスを併せ持ち、投打で高評価の九州の「小さな巨人」。

今のところ野手としてのプロ入りを希望しているようです。

目標は3000本安打と壮大ですが、そのビッグマウスに負けず劣らないセンスの持ち主です。

3年の甲子園では春夏ともに菊池投手の花巻東に敗れので、プロで同一リーグになったので対戦が楽しみな二人ですね。

2位に九州高校NO1左腕と評される川原弘之投手、3位は高校生右腕の下沖勇樹投手を指名。

ホークスは先発投手陣にネームバリューのある投手が揃っていますが、今年安定して活躍したのは杉内投手くらいでした。

新人でも場合によってはチャンスがあるかもしれません。

左のセットアッパーもいないので左の川原投手にはチャンスがありそうですね。

4位の外野手・中原恵司選手は将来の大砲候補。

小久保、松中の後継者として期待される選手。

全体的に悪くない補強だと思いますが、捕手が獲得できれば尚良かったかも。


前年日本一から一転してBクラス落ち。

消化不良な苦しいシーズンを送った王者埼玉西武ライオンズ。

一時は日米20球団以上の争奪戦になったとも言われる菊池雄星投手を6球団の抽選の末、交渉権を獲得。

石井一久投手や帆足投手に続く左腕のローテーション投手として活躍が期待される。

中堅・ベテランも含めて西武は先発陣が比較的充実していますね。

菊池投手の加入でさらに層が厚くなりそうです。

3位には制球力が高い岩尾利弘投手。

スリークオーターの松下建太投手が5位。

6位には社会人から岡本洋介投手と合計4投手を指名。

先発に比べると今一つの中継ぎ・抑えの補強につながるか新戦力に注目したいところ。

2位指名の美沢将選手は50メートル走5秒8の俊足、遠投120メートルの強肩と知る人ぞ知る逸材。

中央球界では無名ですが、九州大学関係者の間では評価の高い選手のようです。


2年連続でBクラスに落ち込んだ千葉ロッテマリーンズ。

菊池投手を回避して1位で荻野貴司選手を単独指名。

萩野選手は50メートル5秒台の俊足が自慢の外野手。

2位指名の大谷智久投手は報徳学園高、早大、トヨタ自動車で優勝経験のある大舞台に強い選手。

3位に大嶺祐太投手の弟・大嶺翔太選手を指名。

高校時代は投手としても活躍しましたが、プロでは野手志望とのこと。

兄弟選手として活躍に期待したいですね。


怒涛の勢いで2位に駆け上がった昨年と打って変わり、怪我人続出などで終始苦境にあえぎ最下位に終わったオリックスバファローズ。

菊池投手を回避して古川秀一投手を1位指名。

以降5位まで全員投手指名とサプライズ的な指名となりました。

2009年シーズン低迷の要因でもあった投壊(チーム防御率は12球団ワースト)。

こういった状況なので投手補強が第一と考えたのでしょう。

個人的には先発陣はまずまずの投手が揃っていると思うので、将来を見据えて大砲候補などの野手を獲得すべきだったのではと思います。


プロの世界は厳しいと思いますが、各チームに入団した新人選手たちは大志を胸に抱いて頑張って欲しいです。

Secre

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。