08
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

粘投。

本日の対戦相手は、機動力が高めのチーム。
ミアーズの先発は、豊富なスタミナを誇る木下投手。

1回表、1番瀬田がセンターに安打を放ち出塁。
いきなり訪れた得点のチャンスだったが…。
2番真田が初球打ちで痛恨のキャッチャーゴロ。

結局無得点に終わった直後の1回裏。
いやな雰囲気が漂っていた。
1番から積極的なスイングで、ガンガン攻めてきた。
1番打者が安打で出塁後、盗塁を試みてきた。
盗塁阻止には成功。
だが、続く2・3番に連続安打。
さらに、4番には四球。
1アウト満塁のピンチを背負ってしまう。
だが、このピンチにもマウンドの木下に動じる様子はない。
テンポの良い投球で球を低めに集める。
5番打者をフライ。
6番を空振り三振に仕留めて、この回を無失点で切り抜ける。

ピンチを脱したミアーズ打線は、小刻みな攻撃で相手を揺さぶる。
時に粘って四球を選び、
時には相手の守備の乱れをついて塁を奪う。
そして、チャンスにはしぶとい安打でランナーを還す。

コツコツとまるでボディブローを積み重ねるような攻撃。
じわじわと得点差を広げていく。

投げては、木下も粘りのピッチング。
快速球があるわけでもなく、鋭い変化球があるわけでもない。
豊富なスタミナで相手打者をのらりくらりとかわすのが持ち味。
9回にピンチを招き、ランナー二人を出して降板してしまうが。
8回3分の1を投げて1失点は、最高に近い出来。
最後は清衡が抑えて、5-1でミアーズ勝利!
通算成績を22勝33敗6分としました。
スポンサーサイト

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。