07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

06秋、最終戦。

ついにオータムシーズン最終戦。
最終戦の相手は、総合力で400ほどミアーズが上のチーム。
ミアーズ先発は石田投手。

2回裏、ミアーズは4番大城の2試合連続の本塁打で1点先制。
4回に相手7番のタイムリーで同点に追いつかれると、中盤以降は両チーム共に投手陣が好投。
互いに決め手を欠き、1-1の同点のまま試合終了。

1-1でミアーズ引き分け。
通算成績を52勝21敗7分(840位)としました。

先発石田は5回2/3を投げて4安打1失点。
2番手として登板した高瀬が3回1/3を無失点に抑えてくれました。
打線は相手先発投手の前に5回以降無安打。
正直打ち崩せそうな気配が無かったので、投手陣の頑張りで引き分けに持ち込めて助かりました。

これでオータムシーズン80試合全日程が終了。
明日からはシーズンを振り返りつつ、補強情報などをお伝えしていきたいと思います。
スポンサーサイト

大城の満塁弾などで二桁得点。

今日の対戦相手は、総合力で5100ほどミアーズが上のチーム。
ミアーズ先発は桑谷投手。

4-4と同点で迎えた4回裏。
ミアーズは4番大城の満塁弾などで一挙5得点。
中盤、相手チームの守備の乱れ等からさらに得点を重ねて突き放す。
序盤から苦しい投球が続いた桑谷が5回途中で降板。
2番手として登板した清衡が4回1/3を1安打無失点で試合を締めた。

19-4でミアーズ勝利。
通算成績を52勝21敗6分(777位)としました。

2番手清衡が3勝目(1敗)。
桑谷が序盤で打ち込まれましたが、打線の奮起で二桁得点。
かなり久しぶりだと思い調べてみたら、実に53試合ぶりの二桁得点でした。
桜咲が5回に盗塁を決めて、チーム初のシーズン30盗塁達成。

7回に逆転。

今日の対戦相手は、総合力で2300ほどミアーズが上のチーム。
ミアーズ先発は保志投手。

1回表、1アウトから相手2番にフルカウントまで粘られ、結局根負けして四球で歩かせてしまう。
続く3番に進塁打を打たれて、走者は得点圏へ進む。
そして相手4番に対した初球チェンジアップ。
待ってましたとばかりの豪快なスイングで打ち返された打球は、一直線にレフトスタンドへ。

相手4番の先制弾で2点を追うことになったミアーズ。
4回に相手守備陣の乱れから1点返すが、中盤は攻め手を欠いて1点リードのまま試合は終盤へ。
そして7回裏、ここまで好投してきた相手先発が突如として制球を乱す。
2つの四球を重ねると、2番内川の打球を相手野手が落球。
タイムリーエラーとなり、1点返してスコア2-2の同点に追いつく。
さらに続く3番成瀬がセンターへ犠牲フライを放ち、3-2と一気に逆転。
8回から抑えの藤澤が登板。
打者6人を無安打に抑えてリリーフ成功。

3-2でミアーズ勝利。
通算成績を51勝21敗6分(809位)としました。

先発保志は9勝目(3敗)。
抑えの藤澤は26セーブ目(1勝1敗)。
保志は7回を投げて3安打2失点。
初回の本塁打以外は、危なげないピッチングでした。

7回に勝ち越し2点本塁打。

今日の対戦相手は、総合力で2600ほどミアーズが上のチーム。
ミアーズ先発は石田投手。
残り試合数を考えれば、おそらく今季最後の登板。
エースとして有終の美を飾りたいところでしたが…。

2回裏、エラーで出塁した走者を1塁に置いて、1アウトから相手7・8・9番と3連続安打を浴びて2点を献上。
3回には相手6番にレフトにタイムリーを打たれて、さらに失点を重ねる。

先発石田は、6回裏1アウト2塁の場面で降板。
7回表に相手チームの守備の乱れから3点を奪い、3-3と同点に追いつく。
直後の7回裏、2番手清衡が相手4番にライトスタンドへ豪快な一発を運ばれてしまう。
勝ち越し2点本塁打で3-5と再度リードを許してしまう。
8回表に2番内川のタイムリーで1点返すが、反撃はそこまで…。

4-5でミアーズ敗退。
通算成績を50勝21敗6分(849位)としました。

2番手清衡に負けがつき1敗目(2勝)。
石田は5回1/3を投げて8安打3失点。
ちょっと安定感に欠けたピッチングでした。
投球回数が少なかったので、最終戦あたりの登板の可能性があるかも。
その時はエースらしいピッチングを期待したいです。

連日土壇場の快音。

今日の対戦相手は、総合力で900ほどミアーズが上のチーム。
ミアーズ先発は桑谷投手。

3回に桑谷が相手2番に2点本塁打を打たれて、先制されてしまう。
先制されたミアーズもすぐさま反撃を試みる。
3回裏、8番逆元のソロ本塁打で1点を返す。
さらに4回裏には7番筧と逆元が連続タイムリーを放ち、3-2と試合をひっくり返す。

8回裏に相手守備の乱れから2点を得て、駄目押しかと思われたが…。
2夜連続でドラマは土壇場9回で起こった。
先頭打者がショート田中のエラーで出塁して、ノーアウト1塁。
続く相手8番に対した2球目シュートをものの見事に打ち返された。
数瞬後、打球はバックスクリーンに飛び込む。
2点本塁打で5-4とリードは僅か1点に変わる。
次打者の相手9番の打球をまたしても田中がエラー。
続く1番が進塁打を打って、1アウト2塁。
一打同点のピンチだったが、ここは抑えの藤澤がなんとか踏ん張り後続を抑えて試合終了。

5-4でミアーズ勝利。
通算成績を50勝20敗6分(776位)としました。

先発桑谷は12勝目(3敗)。
抑えの藤澤は25セーブ目(1勝1敗)。
最後は前日と同じような試合展開となりましたが、僅差で逃げきって50勝到達。
藤澤は高部投手が作ったチームのセーブ記録「24」を更新。

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。