09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退団選手情報(2012年8月)

今オフ、チームを去る選手は下記選手です。


由井(元の名前・むかい かつのり)

43歳(入団時:22歳)

21シーズン在籍

右打ち・遊撃手


通算成績

試合数 1656試合

打席数 7263打席

打数 6549打数

打率 .285

HR数 181本

三塁打数 16本

二塁打数 313本

安打数 1864本

打点数 877打点

盗塁数 576個

四死球数 631個

三振数 1200個

犠打数 83個

エラー数 227個


ミアーズでは歴代最高峰のスピードスターにして安打製造機です。

2007春オフに代替選手として入団。

ルーキーイヤーから守備を買われて遊撃手レギュラーとして出場。

若手時代は走守は良いが、打撃はさっぱりでなかなか数字を残せず。

それでも守備と足は使えるので起用を続けていると、30を過ぎてから打撃面も向上。

第6回スプリングシーズン(10春)、2番遊撃手で打率.291、40盗塁でチーム盗塁王を獲得。

シーズン40盗塁はチーム史上で二人目の記録。

第6回サマーシーズン(10夏)からそれまで不動の1番だった椿から1番を継ぐと、打率.295で前のシーズンと同様にあと一歩で打率3割を逃すが、32盗塁でチーム内盗塁王を2シーズン連続で獲得。

打棒に磨きをかけ挑んだ第7回オータムシーズン(10秋)に打率.329で初の打率3割をマークし、チーム内首位打者を獲得。

第7回ウィンターシーズンはさらに猛打が続き、打率.347に加えて本塁打も20本とキャリアハイを記録。

第8回スプリングシーズンでも安打量産が続き、打率.364を残し、さらに自身の記録を更新するシーズン49盗塁をマーク(49盗塁は現時点でチーム最高記録)。

通算安打数・通算盗塁数・通算出場試合数など現時点でチーム歴代1位。

三振数も歴代ワースト記録で唯一の1000三振超を記録しています。

11冬に記録した打率.370は、この時点ではチーム4番目の記録。

11冬に記録したシーズン130安打は、この時点ではチーム2番目の記録。

シーズン40盗塁以上を4度記録(複数回記録した唯一の選手です)

チーム内での主な獲得タイトル

首位打者5回・第7回オータムシーズン(10秋)~第8回オータムシーズン(11秋)

盗塁王9回・第6回スプリングシーズン(10春)~第8回スプリングシーズン(12春)


涌屋(元の名前・わきや すすむ)

29歳(入団時:26歳)

3シーズン在籍

投手・右横投げ


通算成績

試合数 267試合

投球回数 489回1/3

勝数 16勝

負数 26敗

セーブ数 167セーブ

被安打数 512本

被HR数 70本

与四死球数 97個

奪三振数 259個

自責点 172

失点 204

防御率 3.16

奪三振率 4.76


11冬に入札にて獲得。

守護神として活躍してきた島津の衰えを考えて獲得。

早速抑えとして起用しましたが、獲得後すぐに衰退が発覚。

年齢が25と若かったため衰退は予測しておらずガックリしましたが、制球力と5種類の変化球を武器に中継ぎ・抑えとフル回転の活躍。


遅咲きのスピードスターと救援陣のなんでも屋が引退。

由井は1番としてこれ以上はないという最高の働きで勝利に貢献してくれました。

涌屋は衰退が分かったときは残念でしたが(獲得時はチーム初の300セーブも期待していました)、時に抑えの代わりをつとめたり、時に中継ぎとしてゲームを作ったりと、技巧の投球でチームを幾度も救ってくれました。

二選手とも本当にお疲れ様でした。

↓は引退・退団した選手のデータになります。

mukai katunori2 wakiya susumu2
スポンサーサイト

Yスタのドラフトの結果(2012年8月)

2012年8月28日午前0時よりドラフト抽選が行われました。

うちは指名選手決定の記事から指名選手の変更はなし。

指名した選手は下記二選手になります。

「いとう けんせい(投手)」

「ふくとく ただし(投手)」

結果は見事「いとう けんせい(投手)」を獲得。

下記が今回獲得できた選手です。


いとう けんせい(名前は後日変更予定)

22歳・右上

出身地 長崎県

球速150キロ

球質C

コントロールE-

スタミナC

カーブD

チェンジアップB

評価P61800

コメント:150キロの豪速球と同じフォームから繰り出されるチェンジアップはそうそう打てそうにありません。コントロールがさほど良くありませんが練習次第で改善されるでしょう。


ドラフト当選は4シーズンぶり(投手では5シーズンぶり)。

最後に見たときに指名数100に届いていなかったので、倍率は6倍強といったところでしょう。

これだけ高倍率の選手が当たるのは久しぶりです。

150キロ投手はミアーズでは初(今までは149キロが最速でした)。

コメントにある通りチェンジアップが初期からBと決め球として威力がありそう。

カーブがCに上がってくれれば安定感も増しそう。

コントロールはこちらも良くないとのコメント通りE-と厳しいですが、成長に期待したいです。

真っ直ぐとチェンジアップについては即戦力で使えそう。

ただ、スタミナCでコントロールがあまり良くないので先発だと今は試合中盤あたりで厳しくなりそう。

将来性星3つでしたが、毛利のように30歳まで成長期が続いてくれることを期待したいです。

獲得できればルーキーイヤーからストレートの威力を買って抑え起用も検討していましたが、毛利・シュガーなど他の抑え候補投手の様子を見ながら決める予定。

開幕直後は試しに先発で起用してみるかもしれません。


新外国人が2012年8月28日に追加予定。

投手枠はひとまず埋まったので、野手を中心に入札と合わせてチェックしたいです。


↓は獲得した選手の入団直後の選手データになります。

itou kensei

ドラフトの結果(2012年5月)

2012年5月26日午前0時よりドラフト抽選が行われました。

うちは先日の記事(追記として記載)から指名選手の変更はなし。

最終的に指名した選手は下記二選手になります。

「しむら ゆういちろう(投手)」選手。

「ながみつ さだはる(三塁手)」選手。


倍率・指名数は「しむら ゆういちろう」が指名数220で約14.6倍。

「ながみつ さだはる」が指名数68で約4.5倍。

指名数は当ブログのドラフト直前記事を参照させていただいています。


結果は残念ながら獲得ならず。

ながみつ さだはるの方でさえ倍率約4.5倍なので、なかなか厳しいですね。

投手は全員指名数100超。

指名数トップの「きたがわ のぶなが」は300超とすごい数字になりました。

一番倍率が低い「たどころ しんご」でさえ約3倍なので、今後ドラフト選手獲得(特に投手)はかなり難しくなりそうです。


今回は全選手定員となったようです。

ドラフト獲得された方は情報をお寄せいただければ幸いです。


新外国人が追加されたようです。

どんな助っ人が追加されたのかまだ未チェックなので、チェックして補強ポイントに合致しそうな選手がいれば獲得したいと思います。

ドラフトの結果(2012年2月)

2012年2月24日午前0時よりドラフト抽選が行われました。

うちは先日の記事と指名選手の変更はなし。

最終的に指名した選手は下記二選手になります。

「たけだ としろう」選手。

「おぎた じんご」選手。


倍率は「たけだ としろう」が指名数157で約10.5倍。

「おぎた じんご」が指名数243で16.2倍。

指名数は当ブログのドラフト直前記事を参照させていただいています。


獲得倍率はどちらも10倍超と高くなりましたが、今回は初志貫徹を貫き、上記2選手を指名させていただきました。

今回定期更新ラストのドラフト参加ということで、倍率抜きにして欲しい選手のみを指名しました。

しかし、引退したエース石田の後継者獲得の夢は叶わず。

最後の最後まで高倍率選手とは縁がなかったですね。


今回は全選手定員となったようです。

ドラフト獲得された方は情報をお寄せいただければ幸いです。


新外国人の追加予定日は2012年2月24日です。

今回もドラフト抽選と助っ人追加日の間がありません。

うちは入札・助っ人で投手及び外野の補強を検討しています。

退団選手情報(2012年2月)

今オフ、チームを去る選手は下記選手です。


石田(元の名前・はら こうすけ)

42歳(入団時:18歳)

25シーズン在籍

投手・右上投げ


通算成績

試合数 504試合

投球回数 3943回1/3

勝数 331勝

負数 104敗

セーブ数 0セーブ

被安打数 3186本

被HR数 307本

与四死球数 264個

奪三振数 2994個

自責点 793

失点 1036

防御率 1.81

奪三振率 6.83


第5回(05秋)ドラフトにてミアーズが初めて獲得したドラフト選手。

ルーキーイヤーから開幕投手を任され、新人でいきなり二桁勝利を記録。

その後チームのエースとし活躍し続け、引退するまで25シーズン連続二桁勝利を記録し、開幕投手も25シーズン連続でつとめる。

抜群の制球力を武器にし、シーズン20勝を挙げて第6回スプリングシーズンの勝敗ランキングにおいて2位入賞するなど、大エースとして数々の記録を作ってくれました。

通算記録:331勝、防御率1.81、2994奪三振、504試合登板、投球回数3943回1/3など、いずれもチーム最多・最高の記録。

初のドラフト選手ということで、やっぱりどの選手よりも思い入れが強い選手です。

この選手が引退するまで定期更新を続けてみようかなと考えていましたが、まさかここまで現役が長くなるとは入団時には想像もしていませんでした。

衰退期でも球速が下がらない稀有なタイプの投手です。

自慢の制球力は長い間Sであり、変化球も新球のシュート以外は全盛期はオールA以上でした。

評価ポイントも最盛期は80万P超を記録し、実績・実力共にミアーズ史上最高の投手です。

チーム内での主な獲得タイトル

第6回ウィンターシーズン~第6回サマーシーズンの3シーズン連続で投手三冠(最多勝・防御率・奪三振)を獲得するなど、獲得したタイトルは多数


篭手(元の名前・こてがわ ようた)

32歳(入団時:18歳)

15シーズン在籍

右打ち・外塁手


通算成績

試合数 1166試合

打席数 5028打席

打数 4532打数

打率 .280

HR数 188本

三塁打数 6本

二塁打数 207本

安打数 1269本

打点数 727打点

盗塁数 240個

四死球数 444個

三振数 535個

犠打数 52個

エラー数 232個


第15回(08春)ドラフトにて指名・獲得して入団。

ルーキーイヤーから外野レギュラーとして出場。

その後順調に成長し続け、不動の3番として2年先輩の主砲時雨とともに長期間クリーンナップを形成。

打って守って走れる万能外野手です。

肩はミアーズの外野手では歴代トップの強肩で、幾度もその強肩で捕殺をし、チームを救ってくれました。

09冬に記録した打率.361は、今のところチームでは3番目の記録。

チーム内での主な獲得タイトル

第5回ウィンターシーズン:首位打者


大エースと不動の3番打者がついに引退。

石田はこれ以上はないという活躍をしてくれました。

篭手はやや短い期間になってしまったことは残念ですが、チームの主軸選手の一人として鮮烈な活躍を見せました。

二選手とも本当にお疲れ様でした。

↓は引退・退団した選手のデータになります。

hara kohsuke kotegawa yohta

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。