09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回オータムシーズン最終戦(2009年11月19日)

第6回オータムシーズン最終戦(2009年11月19日)

総合力は1700ほどミアーズが上。


チーム名123456789
相手2010001004
ミアーズ1000200003

3-4でミアーズ敗退。

通算成績47勝25敗7分1試合不参加(393位)

先発秋山が9敗目(9勝)。

9回を投げて11安打4失点。

本塁打:大城29号/相手4番に本塁打1本

秋山は二桁勝利をかけた試合でしたが序盤から失点を重ねる。

4番大城の本塁などで追いつき3-3の同点で迎えた7回表、1アウト走者なしで相手4番に勝ち越し本塁打を打たれる。

この本塁打が決勝の一打となりミアーズが惜敗。


これで第6回オータムシーズン80試合全日程が終了。

次記事からはシーズンを振り返りつつ、補強等があればその情報などをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーサイト

第6回オータムシーズン第79戦(2009年11月18日)

第6回オータムシーズン第79戦(2009年11月18日)

総合力は5000ほどミアーズが上。


チーム名123456789
相手0100002014
ミアーズ00323001×9

9-4でミアーズ勝利。

通算成績47勝24敗7分1試合不参加(369位)

先発九名が10勝目(4敗)。

5回2/3を投げて7安打1失点。

本塁打:椿27号/大城28号/成瀬17号/由井4号/相手4番に本塁打1本

1点を追う3回裏、9番由井から4連打を浴びせて一気に逆転に成功。

さらに試合中盤、一発攻勢で加点して点差を広げる。

この点差を九名→島津の継投でなんとか守りきり勝利。


次戦は第6回オータムシーズン最終戦です。

引退を希望する選手がいる方は、代替選手獲得のために選手出場させるのをお忘れなく。

ミアーズは藤澤投手、成瀬選手と計2選手が引退を希望。

第6回オータムシーズン第78戦(2009年11月17日)

第6回オータムシーズン第78戦(2009年11月17日)

総合力は1800ほど相手が上。


チーム名123456789
相手2500010008
ミアーズ0002000002

2-8でミアーズ敗退。

通算成績46勝24敗7分1試合不参加(387位)

先発秋山が8敗目(9勝)。

1回2/3を投げて5安打5失点。

本塁打:月島22号/相手3番に本塁打1本/相手7番に本塁打1本

立ち上がり早々に相手3番の本塁打で2点を失うと、2回には守乱もあり計5失点で秋山は降板。

ミアーズの反撃は4回の3番月島の2点弾のみ。

4番大城が3安打猛打賞を記録するが得点には絡めず。

第6回オータムシーズン第77戦(2009年11月16日)

第6回オータムシーズン第77戦(2009年11月16日)

総合力は5700ほどミアーズが上。


チーム名123456789
相手0000000000
ミアーズ40233000×12

12-0でミアーズ勝利。

通算成績46勝23敗7分1試合不参加(355位)

先発鷹杉が9勝目(4敗)。

9回を投げて2安打完封。

本塁打:椿26号/佐々塚6号/大城27号/時雨18号/成瀬16号

序盤から中盤にかけて計5本塁打の一発攻勢で得点を重ねる。

大量援護を背景に先発鷹杉が14奪三振&2安打完封と好投。

第6回オータムシーズン第76戦(2009年11月15日)

第6回オータムシーズン第76戦(2009年11月15日)

総合力は1900ほどミアーズが上。


チーム名123456789
相手0101010306
ミアーズ000010007

7-6でミアーズ勝利。

通算成績45勝23敗7分1試合不参加(372位)

2番手桐矢が5勝目(2敗)。

先発石田は7回2/3を投げて14安打6失点。

本塁打:月島21号/大城26号/葉月13号/相手4番に本塁打2本

5点差で迎えた9回裏、3番月島・4番大城の連続アーチで相手先発投手をKO。

さらに代わった2番手を攻めたて1番椿が2点タイムリー。

最後は2番佐々塚がレフト線へサヨナラ二塁打を放つ。


5点差をひっくり返す逆転劇となりました。

これだけの逆転劇は久しぶりです。

石田が降板した際は負けを覚悟しましたが、土壇場で打線が奮起してくれました。

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。