07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野球についてゆるゆると綴っています

プロ野球や高校野球、他スポーツ、管理人の日々など雑多に色々綴っています。

YYスタジアム関連の記事を求めてきている人はもうあまりいないかもしれませんが、アーカイブとして記事はそのまま残させていただいています。


↓コチラは野球関連記事・カテゴリ

野球雑記

高校野球雑記

日本プロ野球のドラフト関連記事の索引


更新履歴(記事以外の部分を更新した際に記載しています)

2012年7月:カテゴリ野球雑記の高校野球関連の記事を抜粋し、カテゴリ高校野球雑記を増設

2012年8月:ブログ名を「野球戯言日記」に変更


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4回ウインターシーズン最終戦

第4回ウインターシーズン最終戦の結果報告です。
1回表、4番大城の今シーズン31本目の本塁打でミアーズ先制。
この一発で勢いづいた打線がその後4連打を放つなどして、初回は計5得点。
3回にはこの日が引退試合となった吉田がレフトスタンドへアーチを架ける。
6回に5番橘の2点本塁打で突き放す。
先発石田は6回・7回と失点を重ねるが、打線の大量援護のおかげで9回を一人投げきる。


チーム名123456789
ミアーズ5020020019
相手0000012003

9-3でミアーズ勝利。
通算成績は52勝18敗10分(121位)
先発石田は13勝目(4敗)。
9回を投げて9安打3失点。
引退する吉田選手は1本塁打を含む2安打3打点。
勝負強い打撃で有終の美を飾ってくれました。


これで第4回ウインターシーズン80試合全日程が終了。
次記事からはシーズンを振り返りつつ、補強情報などをお伝えしていきたいと思います。

スポンサーサイト

第4回ウインターシーズン77~79試合

第4回ウインターシーズン77~79試合目の結果報告です。
77試合目13-1でミアーズ勝利。
78試合目7-0でミアーズ勝利。
79試合目18-0でミアーズ勝利。
79試合を終了して51勝18敗10分(144位)
PC不調で新PC購入&引越し中のため今回は結果のみのご報告。
いよいよ次戦がウインターシーズン最終戦。
引退を希望する選手がいる方は、代替選手獲得のために選手出場させるのをお忘れなく。
ミアーズは吉田選手が引退試合として出場予定。

第4回ウインターシーズン67~76試合

第4回ウインターシーズン67~76試合目の結果報告です。
67試合目0-0でミアーズ引き分け。
68試合目9-0でミアーズ勝利。
69試合目9-0でミアーズ勝利。
70試合目7-0でミアーズ勝利。
71試合目1-2でミアーズ敗退。
72試合目9-1でミアーズ勝利。
73試合目12-0でミアーズ勝利。
74試合目21-0でミアーズ勝利。
75試合目8-0でミアーズ勝利。。
最新の試合結果(76試合目)のみですがスコアボードを記しておきます。
123456789
ミアーズ0001020003
相手2000001003

先発桑谷が相手3・4番に連続二塁打を打たれていきなり初回に2点を献上。
ミアーズは4回に5番橘のタイムリーで1点返すと、6回には4番大城の第28号2点本塁打で逆転。
このまま逃げきれるかと思われたが、7回裏に味方守備が乱れて失点。
8・9回と互いに点を取れず3-3の同点のまま試合終了。
76試合を終了して48勝18敗10分(189位)
この10試合の成績は7勝1敗2分でした。

投手陣では石田に続き、秋山と鷹杉がそれぞれ二桁勝利到達。
鷹杉は07年サマーシーズン以来2度目の二桁勝利。
秋山は初の二桁勝利となりました。

打線では大城がチームのシーズン本塁打&打点記録を更新。
76試合終了時点で28本塁打81打点。
ここ一番の長打でチームを引っ張ってくれていますね。

今シーズンも残り4試合。
悔いのないように頑張りたいと思います。

第4回ウインターシーズン59~66試合

第4回ウインターシーズン59~66試合目の結果報告です。
59試合目19-0でミアーズ勝利。
60試合目4-0でミアーズ勝利。
61試合目7-1でミアーズ勝利。
62試合目9-0でミアーズ勝利。
63試合目2-2でミアーズ引き分け。
64試合目11-0でミアーズ勝利。
65試合目14-0でミアーズ勝利。
最新の試合結果(66試合目)のみですがスコアボードを記しておきます。
123456789
ミアーズ0320000016
相手0200000002

66試合目の先発は桑谷投手。
現時点でチーム内防御率トップの左腕投手。
2回表1アウト、ミアーズは走者を一・二塁に置いて8番蒼山がセンターバックスクリーンへ先制弾を放つ。
この一発で一気に流れを引き寄せたかと思われたが、直後の2回。
桑谷が相手下位打線に連打を浴び、さらに味方エラーも重なって2失点。
3-2と1点差に詰め寄られるが、3回表に先制弾を打った蒼山がライトへ2点タイムリー。
3回以降立ち直った桑谷が相手打線の攻勢を封じると、8回から抑えの藤澤にバトンタッチ。
9回に7番月島の駄目押しタイムリーで加点すると、8・9回と藤澤が無失点で締めてミアーズ6-2で勝利。
桑谷は7勝目(4敗)。
藤澤は14セーブ目(3敗)。
上位打線が湿りがちな中、下位打線の蒼山が1本塁打を含む3安打5打点と爆発。

66試合を終了して41勝17敗8分(194位)
この8試合の成績は7勝1分でした。

65試合目に石田が今シーズンチームトップで10勝到達。
これで9シーズン連続二桁勝利達成。

第4回ウインターシーズン51~58試合

第4回ウインターシーズン51~58試合目の結果報告です。
51試合目5-9でミアーズ敗退。
52試合目0-0でミアーズ引き分け。
53試合目12-0でミアーズ勝利。
54試合目11-0でミアーズ勝利。
55試合目3-1でミアーズ勝利。
56試合目12-0でミアーズ勝利。
57試合目10-1でミアーズ勝利。
最新の試合結果(58試合目)のみですがスコアボードを記しておきます。
123456789
相手0000000213
ミアーズ0000100001

58試合目の先発は石田投手。
年明けから苦しいピッチングが続いていましたが、この日は度々走者を背負うも粘って点を与えず。
0-0で迎えた5回裏、相手先発投手の制球難から好機を得ると、さらに守備の乱れも重なりミアーズ1点先制。
石田が7回まで零で締めると、8回から抑えの藤澤がマウンドへ。
しかし、この藤澤がまさかの大乱調。
8回表に相手4番に逆転2点本塁打を打たれると、9回には駄目押しの3点目も献上。
1-3でミアーズ敗退。
好投した石田に勝利をプレゼントできず。
藤澤が打たれてしまったのも誤算ですが、相手投手陣を打ち崩すことが出来なかったです。
相手2番に逆転弾につながるチャンスメイクと駄目押しタイムリーなど計5安打と固め打ちされたのも響きました。

58試合を終了して34勝17敗7分(356位)
この8試合の成績は5勝2敗1分でした。

プロフィール

みあ

  • Author:みあ
  • 野球好きで色々と綴っています。

検索フォーム

カレンダー

Lc.ツリーカテゴリー

最近の記事

RSSフィード

RCOMMENT mini

リンク

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。